お宝のプラモデル シボレー

№67 もう一台ありました。THE ‘50s-‘60s COLLECTION !!

グンゼ産業 1/32 シボレー‘59インパラ

また、流れるようなフォルムのアメ車です。時代は店主が産まれた年、昭和34年約60年前の車ですよ!!直線と直線をつなぐ僅かな曲線が独特なデザインを生み出していると思いませんか??

早速、箱を開けまショー♡

な、なんと!!見えるのはボディとフィギュアにメッキパーツだけ???

いや、ありましたよ下に。シャーシやタイヤなど、隠してあるみたいですね。

ボディーはなじらかな?(どうでしょうか※新潟弁) 先ずは、左サイドから

続いてフロントビュー

右サイドと最後にリアフォルム。

リアビュー!!なかなかのデザインですね。もう一度、アングルを変えて左サイドを!!

説明書を見まショー♡

おおぅ!! 総天然色です(ΘvΘノ) ブラックのボディ色。次は

ホワイトボディ‼️ フィギュアの出来が今一でしょうか(´▽`)ノ 裏は???

超長い説明書。でも、良く見ると…

も、モーターライズです((((((゜ロ゜; ディスプレイと選択式のようですが( ̄。 ̄;)

ちょっと待って下さい。値段を見ます!!

800円になっています。フォードのスカイライナーが1,000円でしたから、このモデルはTHE ‘50s-‘60s COLLECTION でデビューしたのではなく、そう、単にモーターライズモデルとして販売していたのかも知れませんね。同じインパラでパッケージが異なるモデルも発見しました。

箱を開けると

フィギュアは入っていませんが、お値段が…

700円にプライスダウン!!良心的ですよね、グンゼ産業は👍

車とモデルの紹介は箱脇の説明をどうぞ‼️

いやー、このシリーズは楽しいですね。ポルシェとかBMW、ランボルギーニなんかは沢山のモデルは出ていますが、意外とアメ車は販売されていません。わくわくします(^∇^)

このシリーズは、また紹介したいと思います♡

今回はグンゼ産業の1/32スケール、シボレーインパラを紹介しました。

次回もお楽しみに(*⌒▽⌒*)