ビィンティージ国産スピーカーを聴く №20

皆さま、知らないスピーカーでしょうか…

mockupSC-400C

DENON  SC-400C

久しぶりに聴きたくて鳴らしてみました。NIPPON COLUMBIA CO.LTDとあるので国産スピーカーで紹介します。製品自体はDenon Electronic GmbHのメイド・イン・ポーランドとなっています。ユニットもおそらく海外製だと推定されます。確か弦の鳴り方が好きでした。シスコンのスピーカーとしても使われたかも知れません。

mockupSC-400C

最後に聴いてからしばらく経っていましたが、たぶん、おそらく、問題なく鳴ってくれると思いましたが…(>_<)

mockupSC-400C

高域がうるさい!! こんな音ではなかったと首をかしげましたが、低域は不足しているし、とにかくバランスが悪い音です(゜o゜)

mockupSC-400C

何を聴いても満足しませんし、納得できる音ではありませんでした。スピーカーの高さを変えたり、スペーサーを挟んだりと…。何ですんなりと鳴ってくれないのでしょうか??? パワーを入れると、バスレフダクトの風切り音が気になったのでダクトにスポンジを詰め込み、フジ子・ヘミングを聴いていたら原因が音で現れました。

mockupSC-400C

右チャンネルのピアノ音が歪んだのです。明らかに!! ボイスコイルでも擦ったかとコーン紙のセンターを押してみると「サクサク」「カリカリ」と(゜o゜)  歪みは「センターキャップ」の浮き上がりでした。写真は撮りませんでしたが、センターキャップに触れたら外れてしまい、ボイスコイルが見えるではあーりませんか。左チャンネルもよく見ると、既に浮き上がりが確認されたので、修理のために入院です。当日、接着剤を使用してのセンターキャップ取付は完了。試聴は翌日となりました。メカニカルで高域駆動しているセンターキャップが浮いてビビッていたら、高域もうるさくなってしまうのも納得です。

mockupSC-400C

かなり聴き込みました。このスピーカーを鳴らすコツも体得しました。パワーを入れてガンガンは、決して良い結果は出ません。十分な解像度雰囲気を持つスピーカーです。適度の入力で聴くと本領を発揮します。パワーを入れる前に、聴く側が前に出た方が得策です。最終的には、スペーサーは全て取り外し、ケリーのインピーダンスを4Ωに変更しました。

mockupSC-400C

vocal良し!! 弦はもっと良し!! 小~中音量で質の良い音楽を楽しむのにお勧めできます。軽快にJAZZを流すのも楽しいですよ!! SC-400C「オーディオの足跡」で紹介されています。興味ある方はどうぞ、ご覧下さい。

mockupSC-400C

次回もお楽しみに♪ (・。・)
お気軽にお問合せ下さい!!

リユースオーディオ モックアップ
〒950-0324
新潟市江南区酒屋町182-1
TEL:025-385-6602
Email:info@mockup.jp

■営業時間 10:00~18:00
■定休日 不定休