お宝のプラモデル 空母 信濃 Ⅱ

№216  航空母艦、ありました(゜レ゜)

ハセガワ 1/450 空母 信濃

童友社に続く、空母信濃の第二段は!! 長谷川製作所の古いモデルの紹介です。箱を開けます。

おおぅ!! 箱の半分が船体です。船体を見ましょう!!

背景がイマイチですみません。飛行甲板を載せます。

球状艦首の形状がイマイチかな…反対側からも!!

箱から船体を出したら、シリーズ船が印刷されていました。

シリーズは箱脇にもありましたが、あまり見かけない絵なのでとても新鮮です。拡大して何隻か紹介します。先ずは大和から(゜o゜;

続いて、武蔵!! 少し変…かな

テルビッツ

ミズーリ

最後にビスマルク!! (順不同) このシリーズ、現在は生産休止品になっていますね。

そう、そう、信濃の箱絵も暗く日焼けしたと思っていましたが、拡大してみてみると最初からの暗さであることが分かりました。

信濃は細かいところまで描かれていました。

巡洋艦と波もシッカリと塗分けられています。当り前…か…

続けて、説明図もどうぞ!!

裏と、中を一気に拡げます( ̄0 ̄)

飛行機の説明図じゃないんだから(笑)

モデルの内容はイマイチでしょうか…飛行機のハセガワなのに、艦載機は❌

お値段は1,800円でした。

今回は、ハセガワ1/450スケール、空母信濃を紹介いたしました。

次回もお楽しみに♪ (´▽`)