お宝のプラモデル ガレアス船

№184  なんじゃこりゃあ~

イマイ科学  1/160 16世紀のガレアス船

イマイ科学、帆船歴史シリーズ第五作を紹介します。箱絵を見る限りでは、樽を船首に載せたような変な帆船…

しかし、箱を開けると(@_@)

こんな感じ!!

ロープ結びの解説書を取り出して、もう一枚📸

何か濃そうなモデルです。船体をパチリ📸

カヌーのような艦尾。船首は???

おおぅ!!  樽を載せる場所?! 説明図を見ます。

厚くて立派な説明図です。裏はパーツ表になっていました。

中は、モデル写真をふんだんに使っていました。

凄い出来の船のようです(・。・)

大砲も載せます!!

パーツを見ましょう~帆と樽の部分が見えます。

おおぅ!!  空飛ぶライオン? 狛犬??

すばらしい彫刻が、再現されていました。

「カンテラ」?とベージュ色の甲板が見えます。あなどるなかれガレアス船!!

お値段は2,200円、モデルの寸法もどうぞ。うーん”(-“”-;)” 箱に痛みあり…

ガレアス船の説明とシリーズを箱脇から!!

今回は、イマイ科学の1/160スケール「16世紀のガレアス船」を紹介いたしました。恐るべし今井科学!!

次回もお楽しみに   (´_ゝ`)