モックアップ プラモ史 №12

第十二回目はバンダイの戦闘車両です

「バンダイ」模型 1/48 精密米国機甲師団シリーズ№2 U.S.Half Track M3A1

実家のすぐ近く、中学校の前のH商店で購入した記憶があります。H商店は、今考えれば古いプラモの宝庫でした。

バンダイの1/48機甲師団シリーズは、一回り大きいタミヤの1/35MMシリーズに押されて姿を消したのかもしれませんね。

箱の側面には「★1/48精密米国機甲師団シリーズの特徴」として1~3まで書かれています。

「1 エンジンや操縦席などのインテリア(内部構造)をもった最初のミニモデルグールプです。」

まさに、バンダイの戦略モデルといえるでしょう。

戦車も多数あったようです。

左下に黒でSTマークが見えます。(一社)日本玩具協会のHPを見ると、「玩具業界は昭和46年(1971年)に玩具安全基準(ST基準)を策定し、玩具安全マーク(STマーク)制度を創設…」と書いてありました。第九回で紹介したバンダイのサッカーのプラモデルにはSTマークがありませんでしたので、この機甲師団シリーズより古いことがわかります。

このモデルの商品番号が「8262-500」となっています。8262の数字がこれから新たに商品を展開するバンダイ模型の意欲を感じますね。

この時代、すべてのパーツが袋に入っているわけではなく、アメリカ歩兵は裸で箱に入っています。

今回から、しばらく戦闘車両シリーズを続けます