「甦れ!! PE-101」④ (最終回)

今回で最終回となります。
これまでのお付き合い、ありがとうございました。
最後の試聴記をお伝えしますが、当初は鳴らないスピーカーシステムでした。
どうしても、センタードームの「チタン」の音に支配されがちで…
今回の試聴システムは、TAMONと同じです。
AH!のCDと、三栄電波の2A3シングルと球プリ、ケーブルはシルテック。

mockup蘇れ!!PE-101

先ずは、J1プロジェクトのスピーカースタンドを使いました。
天板が樹脂製で、過去、小型スピーカーでは鳴りが良かったと思ったから…
久しぶりにオーディオボードを敷いて、スタンドは真鍮のスパイク受けを使用。
スピーカーの下には、ヒバキューブを置きました。

mockup蘇れ!!PE-101

今回の試聴用ソフトもTAMONと同じ四枚  👐

mockup蘇れ!!PE-101

どのソフトも、音がまとまりません。“(-“”-)”
ヒバキューブを外して、天板へ直置きもしましたが…ダメ!! ダメ!! ダメ!!
ケイコ・リーさんは、寝起きの声でお歌いになるし  笑
笑うのですよ 👐  PE-101が…まだ、まだと!!
二日目に入り、スピーカースタンドを変更しました。

mockup蘇れ!!PE-101

ガッチ・ガチのKRYNAのスピーカースタンドっす (ーー;)
エンクロージャーが、硬めのパーチクルボードだったので!!

最初は、ヒバキューブを天板に敷いていたのですが、思い切って外したところ
PE-101本来の音になったようです。

mockup蘇れ!!PE-101

独特に聴こえた、チタンの響きが、音場感に変わりました。

天満さんのバイオリンは艶のある弦の響きに 🎻
おおぅ!! パイプオルガンの低域も聴きとれます。
ただ、バイオリンの高域とパイプオルガンの高域が少し重なり
高域のパイプオルガンが聴き取りづらくなる場面も…
制振の効いた、硬いスタンドと相性が良いのでしょう!?

mockup蘇れ!!PE-101

Cross Talkも鳴り始めました。

mockup蘇れ!!PE-101

ちはるピアノの低域もしっかりハッキリ、清吾サックスの響きも自然です。
ライブハウスの自然な響きも再現しました。

mockup蘇れ!!PE-101

さすがにケイコ・リーさんは、元気の良い曲での低域は足りません…
10センチフルレンジですから 👐
ちなみに、このエンクロージャーはPIONEERの一番小さな指定箱の寸法です。
ボーカルは少し高域よりに感じました。
でも、ケイコリーの生の声は聴いたことがありませんから、感じただけっすね (ーー;)

mockup蘇れ!!PE-101

ヘレン・メレルの声も少し高めに感じました。トランペットも泣きました!!

mockup蘇れ!!PE-101

そう言えば、片側のユニットのセンターキャップに凹み跡がありました。
でも、キレイに戻してあります 👐

mockup蘇れ!!PE-101

PE-101を、まとめたいと思います。

高級小型フルレンジスピーカーユニットで、しっかりとPIONEERの音を受け継いでいました。
店主にとっても、PE-101は憧れの伝説ユニットです。
音の傾向としては、やはりチタンを用いた高域が特徴でしょうか。このユニットから「コク」とか「濃さ」引き出すことは、正直、時間切れでできませんでした。
今回のエンクロージャーは小型なので、もう一回り大きいA4サイズであれば、また、音の印象は変わるでしょう。また、トランジスタアンプで鳴らせば、低域は更に加味されると思いますが、賑やかさもプラスになると考えると、少しうるさく感じるかもしれませんね。
感度の良いスピーカーユニットなので、入力の質は明らかに音として表します。
スピーカースタンドをKRYNAに替えて、2A3を三時間ほど鳴らしてPE-101が本領を発揮しましたから、安易に鳴らしてもスピーカーユニットが悪いわけではあーりません。十分ご注意を (/・ω・)/

mockup蘇れ!!PE-101

さぁ~あなたなら、PE-101をどう鳴らしますか…
続いて、LS-25Sの試聴に移ります m(_ _)m

お気軽にお問い合わせください!!

リユースオーディオ  モックアップ

〒950-0324
新潟市江南区酒屋町182-1
TEL:025-385-6602
Email:info@mockup.jp
■営業時間 10:00~18:00
■定休日 不定休