お宝のプラモデル ミニクーパー

№38 今回は特別バージョンです( ̄。 ̄;)

タミヤ模型 1/24 モーリス・ミニクーパー1275S-MkⅠ

ミニクーパーの特集をいたします!! 訳は後ほど…最初はタミヤのミニクーパーです。タミヤらしい、らしく作られています。

箱を開けます。

この後、レースやラリータイプも発売されましたね。

この頃はまだ900円でした。次は!!

LS  1/20  オースチン ミニクーパー MkⅡ

マークⅡになってフロントグリルが変わるそうです。マークⅠとの比較はフロントグリルが外観上のポイントだそうです。ご指導頂いたのは、お客さまのHさま。感謝いたします!!

さすが1/16スケール大きいですね。1/24と比べると…

1/24スケールがかわいく見えますね。箱を開けます。

うーん(ΘvΘノ) 大きい!! ちなみにモーターライズです。値段は??

1,500円でした。

 

 

チョビ太郎の若い頃♡

チョビ太郎が出たところで、メインのモデルを発表します!!

 

 

 

1/1  ブリティッシュ・レイランド ミニクーパーS (優勝記念バージョン!?)

先日、新潟市南区白根の「家具とインテリア・ホビーのお店」、「あべ善家具店」のご主人が、ミニクーパーに乗って当店へお越し下さいました。排気音が心地良い車が店前に突然駐まりました。おおぅ!!ミニクーパーだっ!と思い直ぐに店外へ。最初は分かりませんでしたが「あべ善です」の、ご挨拶を頂きびっくり!!お近くまで来られ、モックアップに寄られたそうです。

お帰りに際にミニクーパーを隅から隅まで見せて頂きました。また、写真撮影もお許し頂きHPへの掲載、写真の投稿、店名の公表もお許しを頂きました。感謝いたします。ありがとうございます。さあ~車を見ましょう!!このミニクーパーはMkⅡ?MkⅢになるのかな??

先ずはエンブレム三種

ボンネットのミニ

トランクのミニクーパーS

ブリティッシュ・レイランド社のマーク!!

ミニクーパーは、所有する会社がその時々で変わっていますね。ウイキペデイアによれば、1970年代初めに、ミニクーパーは国営のブリティッシュ・レイランドに移っています。エンジンを見ましょう!

ツインキャブのOHVエンジン。とてもキレイにされています。確かツーオーナーと伺いました。

フロントグリルも外してもらい、オイルクーラーまで見せてもらいました!!

ラジエーターはサイドに設置。設計時の苦労が忍ばれますね…

コクッピットのスイッチ類。昔の車は引きスイッチでしたよ!!

ガラス越しですが、コクッピットのハンドル!! 運転してみたい( ̄。 ̄;)

最後にリアのユニオンジャックを見て1/1ミニクーパーSの紹介を終えたいと思います。

あっ!!優勝記念バージョンのエンブレムを紹介するのを忘れていました。「パディ・ホプカーク」(ラリードライバー)

今回は特別バージョンとして、ミニクーパーをタミヤ、LSとあべ善さまの実車で紹介いたしました。産業革命までおこしたイギリスの車は海外に身売りされ、今は可哀想…

次回もお楽しみに(_ _)