お宝のプラモデル YS-11

№28  確か初めての旅客機紹介です!!

バンダイ模型 1/72   YS11

大型模型です。また、国産第一号の旅客機で有名ですね。元々はイマイの金型と聞きますが…。中を見ましょう。

おおぅ!! 同じ1/72スケールのレシプロ戦闘機に比べると大きく感じます。

箱から出してみました。右側主翼下に座席のようなものが見えます。二人掛けのようですが。説明書を見ましょう。

室内に座席を取り付けるようになっています。凄いですね。店主、一度だけ大阪伊丹空港まで乗った記憶があるのですが…。二十代後半だったと思います。DC-9だったかな?

説明書をあらためて。中央下は七十七号機までの納入先一覧表となっています。見えるかな?!

海外でも、飛んでいたのですね。YS-11の詳細は詳しいサイトで。紹介を続けます。

このモデルには、牽引車のオマケが入っています。しかし、このモデル以降は箱絵も東亜国内航空に変わり、機内の座席や牽引車は廃止されてしまいます。ただ、新しいバージョンが加わりガラスパーツはスモークに変わります。

東亜国内航空バージョン!!

新規の海上保安庁バージョン!!

明らかに、パーツを減らしています。しかし、値段は200円の値上げ、経営判断でしょうか(笑)

旧型は1,000円でした。機体が見えないから消化不良になりそうですね。完成写真を箱絵から!!

もう一枚

いずれも、新バージョンの箱から。

今回は、バンダイ模型の1/72スケールYS11を紹介しました。国産初の旅客機開発は大変な苦労があったと思います。誰がこの日本を支えているのでしょうか…。

三菱のMRJ応援したいですね!頑張れMRJ!!

次回もお楽しみに(^∇^)