お宝のプラモデル ホンダシティ カブリオレ

№31  ホンダ・ホンダ・ホンダ!!

今井科学 1/20 ホンダ シティ カブリオレ

な、な、何と、店主は乗っていましたよ~!! 30代の頃に。越後湯沢の勤務先で乗っている方を見て、欲しい病を発症し、その方から確か50万円で売ってもらいました。

奥方の交換条件が奥方の自動車運転免許取得でした。今では奥方の自動車運転免許証は大変に助かっています。(_ _)

話しをプラモに戻します。ホンダシティのモデルと言えばタミヤ1/24スケールでマンハッタンルーフを除き全てが発売されています。1/20はイマイだけのような気がします。

ボディは白。店主も白に乗ってました。

スタイルはこんな感じでしょうか??

リアから見るとピッアップトラックのようです。

確か雑誌で、このモデルは酷評されていた気がします。給油口の位置が違うとか…。ボディを良く見ると、切断跡と思われる箇所が見受けられます。ノーマルシティのボディと比べて見ますか?

サイドはこんな感じ!!でも、カブリオレはオーバーフェンダーになっていますが(´`:)

はい!!フロントでございます。

リアの比較です。

ノーマルのフロントとフェンダーを金型改修して、ボディ上部をカット、カブリオレのボディとしたのでしょうか? はたまた、シティⅡかブルドッグのターボモデルの上部をカットしたモデルかな??(ΘvΘノ) 箱を開けます。

まぁ~パーツがぎっしりと

説明書でございます。完成写真が多く掲載されています。

シティはコンバックスエンジンでしたっけ?

エンジンもしっかりと組み立てます。

定価は1,200円。1/20スケールではよしとしましょう。ちなみに、ノーマルシティRは

定価1,000円でした。ホンダの若い技術者が結集して作りあげた、ホンダシティ!! すばらCー(●^o^●) 

ホンダシティカブリオレ!! さすがピニンファリーナ社がデザイン・再設計しただけあって、乗り心地は当時乗っていた、シビックシャトルより快適でした。なにより、オープンエアーの素晴らしさを店主に教えてくれた貴重な一台です。ちなみに、店主三年前にもう一度オープンに乗りたくてNBを購入してしまいました(笑)!今回は今井科学1/20スケールのホンダシティカブリオレを紹介しました。

次回をお楽しみに(´▽`)ノ