モックアップ プラモ史 №40

第四十回目はASKを紹介します

重巡洋艦 筑摩

ASK 1/1000 連合艦隊シリーズ №8 重巡洋艦 筑摩

店主、メーカーも含めて全く知らないないモデルでした。新潟市近郊の古本屋で購入した大切なプラモです。「渥美産業株式会社」については、何とか本で知りました。

渥美産業株式会社や渥美産業の製品については、ブログで詳しく紹介されている方もいらっしゃるので、ここではプラモの中身を店主なりに紹介することとします。それより、箱絵の零式三座水偵が目を引きますね。

1/1000スケール、ウォーターラインの先駆けモデルでしょうか。年代を考えても非常に良くできているモデルです。

初めて箱から出してみました。

説明書も初めて広げました。内容に重みがあます。

「ハワイ攻撃 機動部隊」の表記があり、潜水艦が三十隻も加わっていたことを初めて知りました。

こちらは「栗田艦隊 艦隊編成艦名」、どちらにも「重巡筑摩」の名があります。

渥美産業は「栗田艦隊 艦隊編成艦名」と「ハワイ攻撃 機動部隊」をなぜ取説に載せたのか。どちらも具体的な時期を明確にしていることから、結果の比較であるけれど「戦争はしてはならぬ」戒めが込められている気がしてなりません。太平洋戦争で亡くなられた人たちへの鎮魂が込められたプラモデルだと店主は思います。

取説で「ASKの製品案内」と渥美産業株式会社の紹介をして第四十回を終えます。

次回、第四十一回目はSHIZUKYOです。解るかな?